スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘莉王

の移籍話

闘莉王は今チームで最も代えが効かない選手であることは確かです。貢献度も絶大ですしね。
ただいつまでも闘莉王頼みってのもねえ。
自分のスタンスはあくまで移籍するなら仕方がないというのは変わりません。


闘莉王を1サッカー選手としてみたら、海外移籍に関しては、すごく今更感があります。
本当は2,3年前には行っとくべきだったと思いますけどね。浦和レッズでいつまでも、お山の大将やってないで、世界を見とくべきだったと思います。そして世界のお山の大将を目指してほしかったですけど。まあ過ぎたことです。


どっちにしろDFの真ん中は手薄なんでどうにかしないとだめでしょうけど。

フィンケ続投白紙?

戦術浸透なんかほとんどせず、結果も出てないのは事実です。
ただ正直今の浦和って、監督うんぬんってレベルじゃないですし。
ここで監督変えるんだったら今年はなんだったのってのもありますし。
このまま監督だけ変えて、何もしないようなら、なんか計画性もなく監督変えまくる以前の弱小浦和レッズに戻りそうですが。


監督変える変えないどっちにしろ世代交代は断行すべきでしょう。

若手が躍動してた、ナビスコ予選ぐらいまではとても楽しかったですけどね。若い選手の調子が落ちた時に支えるのがベテランなわけですが、そんなこともなく、おんぶに抱っこって・・・

一部の選手の衰え、一部の選手の現代サッカーに順応できなさっぷり、もう正直無理かなと思えてきます。
まあ選手として、とても大事な時期に現代サッカーとは程遠い糞サッカーをしまくり、サッカー脳も体力もまったく育むことができなかったのはサッカー選手としてはとてもかわいそうですけど。
プロのスポーツ選手としては、他のチームの選手よりも遥かに稼げていたわけですから、それは良かったでしょうけどね。

あいかわらず、体張って笑いをとりにいくなーww



まぁ、今シーズン終わったら、萌を筆頭に北京世代以降を中心に据えて世代交代をばっさりやるべきだろうね。

浦和3-1千葉

マリノス戦のひでー敗戦からどうなるかという千葉戦

前半の糞つまらなさと言ったらなんなのか。ひどいにもほどがある。
相手チームも含めミスがとにかく多くレベルの低い前半だった。
阿部のFKはすばらしかったけどね。

後半に達也が入ってチームが変わる。
なんていうか、このチームは達也や直輝のようにプレーで周りのケツ叩くような選手がいないと話にもならないのだろうか。骨の髄まで○○頼みが染み付いてんのか。それとも周りが動き出すだけ以前よりましなのか・・・
誰々がとかじゃなく、全員が労を惜しまず走るのがフィンケサッカーじゃないのかと。

良くなってるところは、堀や阿部、啓太が前よりもペナとかに突っ込んでくる回数があきらかに増えてる点。

峻希のゴールは爽快でした。

川崎0-2浦和

1ヶ月ぶり。

この間にも神戸とか行ったりしていたのですが、ちょっと目の問題でブログは書いてませんでした。
神戸の時は、三宮に早めについたので、海でも見に行こうと思い立ち近くの海まで歩いて行き、とかく神戸の海に感動もなく頃合だと思い元町のほうからトコトコ歩いて戻ってきたら、中華街のとこから赤いレプ着た家族が。ほかにも数名。あぁ、こんなにも負け続けているのに、皆こんな遠くまで来ているんだなと、思うとこがあったわけです。まあこの日も負けましたけどね。



で、川崎戦。
前半これがチームの狙い通りだったのかはわかりません。エジに当ててそこでエジが潰れて終了みたいな状態が多かったですね。相手ゴール近くに行ってもそこからのアイデアがなく終了。
もうシーズンも残り1桁試合数になったこの時期で、この程度のことしかできないなんてなんだかなと思わざるえませんでした。

後半は阿部や啓太が前半より前線に顔を出す回数が増えて弱冠よくなりましたが、ほんと弱冠ですね。ポンテがFKを直接入れ、その後啓太の得点。そして勝利と。

前節の萌の得点と今節の啓太の得点は今後に繋げていきたい得点シーンだったですね。
個人的に山田良かったなと思います。連敗中の山田と平川は面白みの欠片もなかったんですけど。
今節はペナ内に突っ込んできたり山田良い感じでした。

守備に関しては、個々の粘りのようなものが徐々に戻ってきたように見えました。糞サッカーしていたころの数少ないレッズの誇れる部分だったわけですから、なくなってほしくないですからね。


ただ連勝にはなりましたがチームとしての問題がほとんど解決されていないことに変わりはないですね。



一方川崎ですが浦和を舐めてたんですかね? これで4冠?獲るなんておこがましいというかなんというか。なんかどこかに浦和を圧倒していたみたいに書かれていましたが、それほど圧倒されたようには見えませんでしたが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。