スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎0-2浦和

達也復活祭りジャー!!

1トップで体張る仕事までし、得点という最大の仕事もこなし感涙ものです。


で、試合ですが、この試合の流れを決めてしまったのはジョージでした。
川崎からしたら、浦和が11人いたほうがやりやすかったかもしれないですね。1人減った浦和はリードしているのもあり、ラインを引いたから。そして浦和のディフェンス時の集中力の高さ。教科書どおりカウンターから永井の追加点。退場劇の後は完全にギドのプランどおりだと思う。
ほかの人と印象が違うかもしれないけど、正直昨日の川崎は怖さをあまり感じなかった。(マの人がいなくなった影響、確実にあると思いますよ。)


昨日は皆、集中を切らさずよかったと思います。
平川のキーパーとの1対1を入れてれば完璧だった。
とにかく勝ったことがなによりもでかい試合でした。

あとは相馬の使われ方がだよなあ。どうにかならんのかな。

Comment

達也祭

あのシュートを見て思わずガッツですよ(`・ω・´)b

無謀1トップと知ったとき 正直それだけで意気消沈でしたが
すげかったです
前線からのプレスもできてるし ドリブルでどんどんチャレンジするし
もうやめて~!>< とサポを思わせるほどの奮闘ぶり
(正直あの達也1トップに固執するギドもどうかと思いますが…)

やっぱり日本に必要なのは達也ですよ

あと山田が退場になったことでチームがひとつになりましたねー
伸二が思いっきり奮闘しましたし(オシム効果もあると思いますが)

後半は1点を守りきるために亀ってもしょうがないかな~と思ってた矢先に永井ですよ
もう勝つだけでも奇跡だったのに 達也&永井のアベック弾まで見れて感激です

マルクスがいたらどうなってたか分からないですけどね…


相馬のボランチは暖かく見守ることにしました

>ぶりさん

ホント頼もしいです。
しかし達也1トップはかなり倒されてましたね。(あちらの関塚は・・・ ふれないでおこう(笑))
小野も山田も(途中までですけど)シャドーらしく動いていたように思います。
先日の戦いぶりでしたらマルクスがいたとしても勝てていたでしょうね。そのぐらい気迫が伝わりました。
攻撃の場面での成熟度に関してはまだまだなので、もっともっと磨き上げてほしいです。

相馬に関してはよくよく考えると、守備の信頼度が上がってる証拠みたいなものなんですよね。

管理者だけに表示を許可する

Trackback

Trackback URL:

http://uminasiken.blog56.fc2.com/tb.php/49-fadd54a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。