スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿島1-1浦和

素直にいい試合だったと思います。

気持ちで戦ったというのがわかる。
鹿島は、レッズとのチームの完成度では雲泥でしたが、正直たいして強くない。内田がいようがオリベイラが最後までいようがスーパーサイヤ人になるほど変わるわけでもないです。
だからこそ悔しいのは、なぜこの浦和レッズというクラブにはまともにチームを作る監督が何年もいないのだろうということです。レッズにはJを越える潜在能力があると今でも信じていますが、今の状況では、はっきり無理です。

気持ちだけでは、どう考えても続きません。チームの根幹を作らないことには、なにも変わらない。

サポは選手と共に戦っているとか、かっこいいことを言う人もいますが、あきらかにサポと選手では、流れている時間が違うということだけは、心に入れておくべきです。サポは20年30年と待てるかもしれませんが、選手は1年でも1試合でも無駄に出来ないんですよ。

この鹿島戦を今後に繋げていかなくてはいけません。繋げなくては何の意味もなくなってしまう。
あとは監督次第なのですが・・・

あと、あのフロントはお花畑だろうね・・・

Comment

管理者だけに表示を許可する

Trackback

Trackback URL:

http://uminasiken.blog56.fc2.com/tb.php/272-525b7051
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。