スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和2-0鹿島

勝利した試合から2日たち冷静になると、萎える酷い試合だったという思いが大きく残っています。
まさしく鹿島とは大人と子供。馬鹿でもわかるくらいの差がありました。それで勝ってしまうのが浦和たるところで、勝てないのが鹿島の限界なのでしょうか。

亀仙流の修行なのかわかりませんが、レッズは自ら重い甲羅背負っているようで、特に前3人の組み合わせの悪いこと悪いこと。スタメン見た時点で、ドン引き5バックになる可能性大だなと思っていたら、案の定その通りになりましたし。3バックは両サイドが高い位置に居なきゃなんの意味もないだろというのに、早々と両サイドドン引き5バック突入でまったく上がってこないし。前3人でしか攻めてないし。その回数もほとんどないし。これじゃ今までとなにも変わってない。

個人的には永井、梅崎、相馬、萌のうち3人はスタメンで使ってもらいたいです。なんでわざわざ、数少ない武器を自ら捨てるのだろう?体力の問題なのか?バランスの問題?前半のまったく機能しないメンバーのほうが疑問なんですけど。

後半頭に永井投入で変わったというか、初めからそうしとけよというか。まあ腰痛でだめなのかもしれないですけど。しかし良かった時間帯は短かったです。あとは引きこもり。ズリズリ下がりまくり。
この試合もまともにサッカーしていたのが前後半合わせて10分ぐらいでした。

永井は相変わらず良いですね。感動すらする。
都築一人舞台。
この試合では永井、都築。違う試合では梅崎や闘莉王と個人がヒーロー的活躍をするという、浦和の良さではあるけど逆にそれだけという今まで通りの展開。

闘莉王のトップ下はだめでしたね。運動量がなさすぎ。このまま闘莉王システム続けるのでしょうか?
高原の扱いがさらに難しくなってしまいました。とにかく今のレッズにあってない。まともなサッカーをするチームに行けばもうちょっとどおにかなるのかもしれませんが、正直高原にとってはまだまだキツイ状況が続くと思う。


今レッズが歩んでいる道は未来に繋がっているのだろうか?

361続けるならとりあえずこれ希望
-----.エジ-----
---梅崎--永井---
-相馬------平川-
---細貝--啓太---
-阿部--闘莉王--堤-
-----都築-----

Comment

鹿

勝ちには勝ち
永井のゴールに狂喜乱舞

しかし確かに後半の引きこもりサッカーは酷かったですね(いくら鹿がパワープレイにきたからといって…)
DFラインに吸い込まれた闘莉王からの建て直しは期待できなかったので せめて細貝を残しておいて ボランチからの押し上げをはかって欲しかったものです(;´ω`)

ナビスコではエジのところに高原を入れて 彼の本来のポジションで一回戦わせてあげて欲しいですね

関係ない話ですが最近スタに足を運び始めて ようやく先日勝ち試合を経験しましたw
得点シーンを拝めたのは(かなり昔のガンバ戦での)堀孝史のゴール以来でしょうか…

no_title

鹿島戦勝利による勝ち点の価値は絶大です。
今の永井はすばらしいです。腰痛なのが悔しいですけど。

勝利に歓喜した瞬間から時間が経つにつれ、この試合は鹿島相手にしょうがないのかもという気持ちと、「やばくないか、あれ」という感覚が大きくなってしまいました。
細貝はずして中盤がすかってしまった気がします。梅崎入れるには、闘莉王はずせませんし、バックラインのだれかというのも難しいですし。誰と変えるかというのが難しかったです。

あの美園の混みようとスタからの距離は勝ち試合じゃないと耐えれませんからねw
堀孝史、これまた懐かしい名前。

ナビは・・・

管理者だけに表示を許可する

Trackback

Trackback URL:

http://uminasiken.blog56.fc2.com/tb.php/251-219fcc75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。