スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島2-4浦和

なんか攻守ともにぬるい試合でした。
ただそれ以上に広島の守備がとてもぬるかったですけど。

達也の強烈なシュート すばらしい
長谷部の得点 やっとだ
永井の長距離走カウンター シュートの直前にストヤノフに体を当てても負けなかったのが良い
ワシントンらしい落ち着いた復活シュート 失点直後だったのでかなり効いたゴール

長谷部がいつもより前目でプレーできていたのも良かったのでは。ただ今回広島が相手だったというのも考慮にいれなくてはいけませんけど。
ウェズレイは相変わらず怖かったわけですが、最後のPKを外してくれたおかげで、なんとか試合の外面がよくなりました。あれを入れられていたら、かなり印象が違っていたでしょう。

これからACLが再開して過密日程が始まります。また超ド級のぐだぐだサッカーになるかもしれないですけど、なんとかACLは勝ってもらいたいです。

Comment

管理者だけに表示を許可する

Trackback

Trackback URL:

http://uminasiken.blog56.fc2.com/tb.php/192-c16f478e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。