スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水2-1浦和

毎度毎度前半のできがひどい。あっけなく2点入れられる。
ここ数試合の相手は正直力の劣るチームだったので、浦和の出来が悪くても失点せずにすんだだけだと思った。
後半は浦和が攻めっぱなしだったのだけど、途中から清水がどんどんDF投入しだしたのは、ある意味見物だった。
啓太はずして長谷部が後ろ目になったのは正直失敗だったような気がした。
リードした相手の気持ちもあるかもしれないけど、後半のような試合が前半から出来ていれば、せめて負けてはいなかったのではないかと。

あまり3だ4だ書きたくないんだけど、よく浦和は4バックに弱いだとか3トップに弱いだとか言われるけど、それってもろ3バックの弱点なんだよね。実際開幕のガンバや先日の清水のように(天皇杯の決勝もそうっだった。あのときは耐えれたけど)サイド攻撃が強い4バックのチームになると両サイドの位置がどんどん低くなっていって、押され込まれっぱなしになっちゃうんだよね。
(Jリーグって現在は4バックのチームの方が多いけど、あまりサイドの強いチームがないので、たいして影響がないことが多い。だから上位チームには浦和含めて3バックのチームが多い。)
後半のように完全に相手のサイドを押し込むか、それか超守備力の高い山田置いとかないと厳しいのじゃないかと思ってしまう。(後半山田がサイドにまわって、超攻撃的にした)
まあ簡単な解決策は4にしちゃうってやつだけど。

後半のアレのドフリーのシーンはシュート打って欲しかった。というか打てよ。
ポンテのカードは必要なかった。ポンテは反省すべき。
いろいろと考えるべき試合だったのではないかと思う。

あとピッチにファンタジスタがいた。家本って名前のSR。

Comment

管理者だけに表示を許可する

Trackback

Trackback URL:

http://uminasiken.blog56.fc2.com/tb.php/16-cefa10e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。