スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋1-2浦和

ふう、やっと勝てましたね(;・∀・)
ワシントンが楢崎との1vs1を失敗したときには、また勝てないのかというのが頭をよぎりましたが、そのあとワシントンが決めてくれました。なにより苦手アウェー名古屋で勝てた。

ここ何試合かが(ペルシク見てないので除く)ひどかったので、試合も良く見えました。当然、対ガンバと対名古屋では見え方も変わるでしょうけど。
失点シーンはサイドががら空きになってましたね。あちらのSBが完全にフリー。完全に3バックのやられ方でした。坪井とかの能力が高いので致命的にはなってませんが、このシーンだけでなくサイドがちょっとスカってます。ヨンセンは上手かった。

ただこの試合も組織というには遠いサッカーでした。たしか甲府の大木が言っていたけど、「レッズは個とグループでサッカーをしている」そんな感じ。

ワシントン自身が孤立しないようにいつもより気をつけてプレーしていたように見えた。
ネネのドンピシャヘッドはかっこよかった。
あとポンテのすごさだけはガチ。

で、感じたというか、確実に06年型に戻ったということです。ここ数戦リアクション的に考えて4にしたほうがいいような相手にも3だとか、フォーメーションもそうだけど、守備も圧力の高いプレスをやめたとか、相手のサイド攻撃を中で跳ね返すみたいな。個人的には新しいサッカーに期待をしていたので、今の状況はがっかりな部分もあるし、結局振り出しに戻るなら、今までの時間はなんだったんだというのもありますし、去年を継承していくなら、オジェックみたいなタイプの監督である、意味なくね?とか、いろいろ思うとこもあるわけです。
ただこれが今年の基本なのか一時的なのかは実際のところはわかりません。オジェックが何を考えてるかわからないから。

シドニー戦はいろんな意味で注目です。当然結果をださなきゃいけないのが第一だけど。

Comment

管理者だけに表示を許可する

Trackback

Trackback URL:

http://uminasiken.blog56.fc2.com/tb.php/151-a1bbd25b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。