スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACL:G大阪1-1浦和

前半の浦和はレッズ基準で考えれば(あくまでレッズ基準)でなかなか良かったです。
といっても得点の匂いはしないというのは相変わらずですが、それでもそんな中先取点がレッズに。
萌のシュートよかった! というか、その前の相馬のプレーがすばらしかったです。
前半は何回かいいプレイがありましたね。たしかカウンターのときに、エジ、相馬、平川、両サイドが同時に高速に上がるというレッズではめったにみれない光景が。って、平川であってるよね。
で、この流れが後半もつづ・・


かないのでした。案の定。


後半はずっとガンバのターン! いつも通りかよ・・・
後半早々サイド(特に右)がずるずる相手にひっぱられて(そういう指示なのかは知らん)、完全に引きこもり状態。平川は後半ほとんど相手エンドに入ってないような気がします。引きこもって人数いっぱいいるのにサイドはスカスカ。毎年毎年なんの修正もされませんね。
そしてPKとられて同点に。その後は点をとりにいくのか、引きこもり続けるのかあいかわらずな采配を見て試合終了。


はっきり言ってガンバはいまいちでした。それ以上にいまいちなのがレッズですが。


ホームでの次の試合、都築、相馬、萌が出場停止らしいですね。都築の代わりは試合勘が心配ですがギシがいるので問題なしとして、相馬と萌がいないのはかなりキツイ。萌の代わりは啓太で、阿部を前に出す以外手はないですが、相馬の代わりは本当にいない。梅崎でと言いたい所ですが、あの監督だとそれはないなと。左平川右山田でしょうね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。