スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都0-4浦和

勝手に相手の京都が崩れていった試合。そして今まで通り個の力でぶん殴った試合。

よかったこと
高原2得点、山田直デビュー

他のチームもふがいないし、なんだかね・・・
スポンサーサイト

浦和0-0大宮

つ、つまんねーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大宮のほうがチームとして上。
そして監督交代ドーピングも完全に終わりました。清水戦をピークに(低いピークだ)質が落ち続けて元に戻った。

2004年にタイトルを取れなかったのが浦和レッズの不幸の始まりだったんでしょうね。
この年は、攻撃は今と同じく前だけで攻めてましたけど、守備の連動性はすばらしかったから。この年のチームはドカウンターのチームでしたが、開始15分ぐらい観ればその試合を勝てるかとかわかってしまうぐらい強さを感じられるチームでした。そういう感覚はそれ以降のチームで感じたことはいっさいありません。
と、回顧厨丸出しですが、その年以降守備の仕方を変えて省エネサッカーへ移行し、タイトルと引き換えにオフトの築いた財産を食いつぶし徐々に劣化していくことになっていき、現在の何も残らない状態になってしまったわけですから。本当は上を目指さなければいけなかったのにね。未来を捨てたんですよこのチームは。

今は攻守共に連動性がなさすぎる。

オレは守備が問題だと思います。プレスのなさ連動性のなさ。チームとしての組織的な動きというのですか。他チームに比べてあきらかに劣ってる。バイタルまで無条件で運ばれるとかざらですから。結局苦し紛れにクリアしてセカンドボールを拾われまくり、あとは永遠と攻め込まれる、いつもの試合を展開することになるんだと思います。

とにかくチームとして変わらないかぎり、このチームは誰を補強しようが、誰が復帰してこようが、誰がどこのポジションやろうが、何も変わりませんよ!

ナビ:浦和1-1京都

な、なんだありゃ

酷い。これはちょっとやばいのではないでしょうか。あまりにもチームとしての動きがない。

ポンテやアレが戻ってきたら~と言っても、それじゃ今までと何も変わらないですよね。結局ポンテ頼みですか。いなくてもチームとして変わっていかなきゃだめなんですよ。

永井が90分無理なら、達也の復活を切に願います。
ってこれじゃ、ポンテが~と言うのと変わらないか(´・д・`;)

浦和2-0鹿島

勝利した試合から2日たち冷静になると、萎える酷い試合だったという思いが大きく残っています。
まさしく鹿島とは大人と子供。馬鹿でもわかるくらいの差がありました。それで勝ってしまうのが浦和たるところで、勝てないのが鹿島の限界なのでしょうか。

亀仙流の修行なのかわかりませんが、レッズは自ら重い甲羅背負っているようで、特に前3人の組み合わせの悪いこと悪いこと。スタメン見た時点で、ドン引き5バックになる可能性大だなと思っていたら、案の定その通りになりましたし。3バックは両サイドが高い位置に居なきゃなんの意味もないだろというのに、早々と両サイドドン引き5バック突入でまったく上がってこないし。前3人でしか攻めてないし。その回数もほとんどないし。これじゃ今までとなにも変わってない。

個人的には永井、梅崎、相馬、萌のうち3人はスタメンで使ってもらいたいです。なんでわざわざ、数少ない武器を自ら捨てるのだろう?体力の問題なのか?バランスの問題?前半のまったく機能しないメンバーのほうが疑問なんですけど。

後半頭に永井投入で変わったというか、初めからそうしとけよというか。まあ腰痛でだめなのかもしれないですけど。しかし良かった時間帯は短かったです。あとは引きこもり。ズリズリ下がりまくり。
この試合もまともにサッカーしていたのが前後半合わせて10分ぐらいでした。

永井は相変わらず良いですね。感動すらする。
都築一人舞台。
この試合では永井、都築。違う試合では梅崎や闘莉王と個人がヒーロー的活躍をするという、浦和の良さではあるけど逆にそれだけという今まで通りの展開。

闘莉王のトップ下はだめでしたね。運動量がなさすぎ。このまま闘莉王システム続けるのでしょうか?
高原の扱いがさらに難しくなってしまいました。とにかく今のレッズにあってない。まともなサッカーをするチームに行けばもうちょっとどおにかなるのかもしれませんが、正直高原にとってはまだまだキツイ状況が続くと思う。


今レッズが歩んでいる道は未来に繋がっているのだろうか?

361続けるならとりあえずこれ希望
-----.エジ-----
---梅崎--永井---
-相馬------平川-
---細貝--啓太---
-阿部--闘莉王--堤-
-----都築-----

鹿島戦

この試合で、今のレッズがどの程度なのかわかるでしょう。磐田戦までのレッズのままでしたら、鹿島と互角に組み合うのははっきり厳しいです。特にチーム守備。そこで引きこもるか、狂ったように攻め込むかという極端な方法もあると思います。互角に組み合えたら嬉しいですけど。

勝利を。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。