スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室井引退

引退ですか。内舘・阿部・室井といえば田島中トリオですが、この3人の中で内舘が一番最後まで現役をやるとは、昔からこの3人を知っている人には想像もできなかったでしょう。
阿部・室井時代の田島中は本当に強かったんですよ。全国で3位(だったよな・・) 田島中史上最強だったわけです。学区制のある公立でメンバーが揃うというのは大変なことですからね。
上の世代だった内舘は実力的にも存在感的にもぜんぜんだったんですけど、人生どうなるかわからないものですね。ただこれは個々のプレースタイルも関係してるでしょうけど。
スポンサーサイト

なぜ

元Jリーガーがスピード違反で~

という磯貝の記事が出てたけど、なぜ元ガンバにしない。浦和にいたことは間違っちゃいないが、やはり磯貝は元ガンバ等って書くのが妥当だろ。
なんか磯貝は引退後に当時の浦和の悪口みたいなこといってたし(事実だけどさ)、在籍年数もそうだし、最近でもガンバと浦和だったらガンバの肩を持つ感じだしね。

レッズの人事とか

梅崎加入決定。
本当に来るとは。以前も書いたとおり、今のレッズのサッカーのままだと才能を潰すだけだと思いますよ。基本的に梅崎はトップ下シャドータイプ。今現在ポンテが君臨している場所だ。今年のままだと梅崎を使う場所がない。まさかベンチ要員のために獲ったんじゃないだろうな。442か451かまあとにかく4バック移行は必然だと思う。ドン引き5バックはもういいだろ。

近藤復帰。
近藤期待派な俺としてはめでたいんですけど。
俺も年間追っかけたたわけじゃないけど、少ない材料で判断すると今のところレギュラー陣に迫るにはまだまだだと思う。ただ闘莉王あたりが夏にいなくなるかも知れないので、いがいと近いか?がんばってもらいたいです。

中村完全移籍、大山再レンタル、両者ともに湘南。横山愛媛完全移籍。
個人的には横山は戻すんだと思っていました。現在のFWの層の薄さと山形でもそこそこ点を取っていたし。大山は再修業。これは仕方ないか。というかそっちほうがいいか。中村は完全。中村に関しては湘南がよく獲ったなという感想もなくはないけど、河合とかの前例があるからどうなるかわからないよね。みんな活躍してもらいたい。

エジミウソン
決まり?ブラジルではインタビュー出てたし。エジミウソンに関してはレッズ戦でけっこう点とってたようなイメージがあります。18点以上取ってくれればいいかな。レッズは前3人しか点取れないというサッカーをしてますが、サイドと中盤の底の得点力がほぼ0ってのはチームの欠陥でしょう。結局ワシントンがエジミウソンに変わっただけとかいうことのないように。

今野?
来るのか?

黒津?
オジェックがほしいらしい。ホームの川崎戦は左サイドにいた黒津にやられたイメージがありますね。まあジュニーニョとフッキのいる川崎よりレッズの方が試合に出やすいかもね。
ただ来ないと思う。

アレ復帰。
復帰は確定的。ザルツブルグでのアレ評が以前出てましたが、まんまその通りだと思います。

長谷部海外?
ヴォルフスブルクからオファーが来ているみたいなことでていたけど、本当ならシエナより遥かにいい。日本人はドイツとかオランダぐらいがまず最初としてはいいんじゃないだろうか。

CWC:浦和2-2(PK4-2)エトワール

まず最初にワシントン
ワシントンはこれがレッズでの最後の試合でした。そこで2得点。泣けた。
俺はワシントンがレッズ史上でもっともすごかったFWだと思っています。確かに浦和のように戦術浸透度の低いチームにおいては諸刃の剣的な部分もありましたが、それ以上に貢献度がすばらしかったです。ワシントンのおかげで勝てた試合は数多くありました。そして最後の試合での置き土産最高です。

2つの失点シーンはあまりにもしょぼすぎて得点シーンとは違う意味で泣けた。
エトワールの試合を観たのはこの試合が初めてでしたので、この試合でのパフォーマンスがどの程度なのかわかりませんが、浦和が劣勢の試合だったことは確かです。ただエトワールは、次元が違うとかびっくりするほど強いというほどではありませんでした。
正直ワシントン頼みだったけど勝ててよかった。

ネネもこの試合がレッズでの最後の試合でした。ネネは歴代外国人選手で在籍最長になりそうな勢いでしたけど、実働は半分くらいでしたか。でも貢献してくれたことは確かです。怪我人が出るとネネが復活してるみたいなタイミングの良さとか(笑

CWC:浦和0-1ACミラン

悔しいですね。わかっていた事で次元が違うのも一目瞭然なんですが、悔しいです。
まあ惨敗と言ってもいいでしょう。

ただその中でもワシントンはすごいんだなと思いました。ポンテがいればもうちょっとなんとかできたなと思わなくはなかったですが。あと短い時間でしたが山田も少し光りましたね。
ある程度は仕方ないとして、レッズが引きこもりモードはいってしまったら、パス繋がらずセカンドボールとれずで、攻撃がどんな相手だろうが機能はしなくなるので、やはりもっと前に行かなくてはキツイです。もうこれはどでかすぎるレッズの欠点。腐蝕部分。とにかく根本的に変えないと世界とか言ってられないです。個人能力が劣るのはどうしようもないですが、チームのサッカーの部分での欠点は放置せず消していかなくては。
ミランのすごかったところは本当に確実な勝利をとりにゲームコントロールしていたところです。これぞイタリアなんでしょうね。1-0でもいいという試合はこういう試合のことを言うんだと思いますよ。いつものレッズにおける1-0でも勝てばいいというのとはまるで違います。いわゆる点を取られたあとのことです。その前はシュートを外しまくってくれましたが。特にセードルフが外していたような。

気になる所は、ミランのほうがあきらかに前線からのプレッシャーが激しくて、その辺からしてだめだろと思いました。レッズのほうがもっと前からプレッシャーに行かなくてはいけないのに、レッズは守備の部分を考えなきゃだめだろというところです。あとミランよりも走らなきゃだめだろと。世界のトップはみんな走ってる。とにかくレッズは走るようにならないと、ただでさえ古臭いサッカーなのに、本当に現代サッカーから取り残されてしまいますよ。
それとフィジカルの部分でもやはりキツイですね。レッズはJでトップと言ってもいいフィジカルの強いチームですが、世界相手だと球際とかで勝てないです。それはアジアでも感じはしましたが。Jリーグはフィジカルがガラスなんですよ。

試合後、ミランがこの試合どのくらいの気持ちで浦和と対峙したんだろうというようなことを話をしたんですが、Jリーガーが大学生とやる感じじゃないかみたいな例えがでました。100%本気ということはないだろうし、ただ油断もできないみたいな。インザーギ、マルディーニ、ブロッキと交代もプラスの交代でしたし。某国がW杯で試合中に相手チームのGKが交代するという屈辱的なことがありましたね。それが本当の舐められているというやつですよ。そうそうその時交代したGKが今日も出てたジーダでした。

ミランがどの程度本気だったかはわかりませんが、確実に勝ちに来ているヨーロッパのビッグクラブと対戦できたということは、当然負けて悔しいですし、試合はいいところなしと言えばなしですがレッズにとって今後の指標のために良かったことではないでしょうか。いままでの親善試合とはまるで違いますから。浦和にはもっともっと上を目指して欲しいです。逆にこのままのJリーグの状態だと、日本サッカーはジリ貧なんじゃないかというのも思ってしまいました。そのへんは日本サッカー界の育成環境も問題ですけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。