スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回セパハン戦

快勝ですね

まず、セパハンの状態の悪さが目立ちました。なんかインフルエンザがチームに蔓延していたとかそんな情報もあります。1試合すでに消化していたこともあるでしょう。とにかくACLの決勝でやったセパハンとはまるで違いました。

あとレッズの状態の良さ。しかも稀な良さでした(笑 シーズン最後の方はどん底状態でしたので正直かなり不安でしたが、蓋を開ければまるで逆でした。
チーム全体が前へ前へと押し進めていて、サイドも高い位置を保てていて、前線に顔を出す選手も多く、坪井も突っ走りまくってまし、久しく見られることのなかった連動性もあり、啓太と阿部のコンビもかなり機能していました。

はっきり言ってレッズぽくないww

今シーズンでベストの試合だったのではないでしょうか。とにかく相馬と萌が高い位置をとれたのが最も良かった点ですね。3バックと4バックを比べた時の3バックの利点は中盤の人数の多さですので、それが5バックがデフォルト状態になってしまうと、その利点を捨てて中盤スカスカになることを意味しますから。

1点目の相馬グラウンダークロスから永井のゴールは俺の大好物な形ですし、2点目はワシントンの得意な形、そしてオウンゴール。失点はいただけない形でしたが、3-1で試合終了。セパハンの悪さとレッズの良さを考えれば当然の結果だったのではないでしょうか。

こういう試合を観たかったんだしこういう試合を観続けたいんだと思った人は少なくないはず。俺はそう思いましたよ。

CWC:浦和3-1セパハン

ちょっとセパハンの状態が悪すぎましたね。
逆に浦和の動きはいつもより良かったです。
これでACミランとやれる。

CWC

たしか以前アルイテハド(サウジ)が出たときはアルアハリ(アフリカチャンプ)に勝ってサンパウロとやってたよな。
あのときのアルイテハドはべらぼうに強かった。これは衝撃的だった。アジアのトップレベルはこんなに高いのかと驚いたものだ。これがあったので、天皇杯初優勝でACL出場権を決めたときに、レッズはあのレベルの強さを目指さなくてはいけないんだと俺の中で勝手にかなり高いハードルを設けた。しかしレッズは正直このときのアルイテハドの強さにはまったく届いてない。だけどあれほどの強さの相手チームもいなかったので(当然レベルは高かったけど)見事優勝出来たわけだが。

何が言いたいかというとセパハンには負けてはならないということだ(まったく繋がってない)


よくよく考えると、このトーナメントすごい組み合わせだよ。
オセアニアと開催国枠(これは今回セパハンですが、基本的にはJのチーム)の勝者とアジアチャンピオンが当たってその勝者がUEFAチャンピオンとやるという、とてもトーナメント左右の実力バランスは悪いし、とても都合のいい組み合わせになってる。大人の都合。

続々セパハン戦

なんつーかいやな試合だよね。
今年3度目というのがまずいやなんだけど、アジアチャンプとして出るのに、これで勝てなきゃこの大会に出る意味が何の意味もなくなるよ。

最悪

オジェック解任報道でも出てないかとネットをチェックしたら、

ポンテ靭帯断裂で全治半年と言う記事が。
終わった。絶望的な気分になった。
完全に暗黒面に突入している。

こっちはポジティブなニュースだけど
梅崎が来るらしい。梅崎は良い選手だ。
ただ今のレッズに梅崎をはめても、良さを生かせず才能を潰すだけなきがする。
というか一緒にシャムスカ引っこ抜くぐらいのことしろ。

監督を続投させるなり辞めさせるなり、どっちにしろとっとと発表してほしい。形だけの事情聴取とかでお茶を濁すとかいらないから。覚悟を決めてポジにきりかえたいのでお願いします。
まあ浦和のフロントのことだから、オジェック辞めさせたときに次期監督にリストアップするとしたら、ヒロミとか(ご存知現在フリー)ギドとか(早々と解雇されたので現在フリー)程度だろうけどね。甲府をやめた大木(勝てなさそうだけど)を呼ぶような度肝をぬく行動をすることはないだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。