スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲府1-4浦和

( ゚∀゚)<勝利!
って、4点も取って勝ったのだから素直に喜んでろというところなんですが、内容はかなりいまいちなんですよね。得点した時間帯の前後ぐらいしかレッズがよかった時間帯がなかったです。

達也はキレてましたね。すばらしい。
2点目の平川最高! あれだよあれ。俺の大好きなタイプの得点シーン。サイドがエグッて中で合わせる! グラウンダーで折り返しだからなおさら良い! 平川と相馬にはエグリまくってほしい。
それと1年で1回見れるか見れないかの啓太の得点シーンも良かった。

今日の永井はなかなか良かった。ただこれは相手が甲府という特殊なチームだからというのはあると思う。あれだけバックラインを上げるチームはないですからね。永井の問題はスペースがないチームを相手にしたときのオフザボールの動きだから。まだまだがんばってほしい。

甲府は相変わらず尊敬に値するチームだと思いました。オフザボールの動き、かなり高めからの守備、すばらしい連携、あの選手の密集ぷり、背負ってるリスクのでかさ。あまりにも極端にリスクがあるサッカーなので強いチームが採用するようなサッカーではないですが、でもうならせる。そんなチームが相手だからこそ、浦和のチームとしての完成度の低さがいやでも目に付いてしまします。
レッズはミスの多さが目に付きました。特にパスが繋がらない。攻撃の部分がまだまだです。現状はまだまだ達也の調子次第みたいな感じが拭えません。

しかし一番心配なのは長谷部です。A3以降調子が戻ってきたと思っていたら、リーグ再開後の存在感の無さには泣けます。

あとこういう大差のついた試合だからこそ若手を積極的に使うような采配もしてもらいたい
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。