スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸1-2浦和

(;・∀・) お疲れモードですね。特に後ろの方々。闘莉王ミス多目。阿部もそろそろ有給使うべきだな。

啓太が出場停止なので、阿部が一列上がって、堀之内が最終ラインに入る。
前半はかなりイマイチでした。攻撃も単調なものが多かったです。守備では中途半端なクリアーを拾われて大久保のカウンターという場面が最大のピンチですかね。そのほかにも前半はけっこうカウンターを喰らいました。

後半はだいぶゲームをコントロールできたのではないでしょうか。いつもより大人な感じ。ただ失点シーンはちょっと足が止まってましたね。

達也絶好調!2得点! この調子を維持してもらいたい。というかデフォにしてもらいたい。
長谷部はリーグ再開後の試合の中では一番出来がよかったと思います。まあ この程度では本人も含めてみんな満足しないでしょうから、もっともっと調子を上げて欲しいです。

萌があいかわらず長袖だった。
酒井の背番号44。

やはり神戸は大久保、レアンドロが怖かったですね。

今日のリーグの他の試合の結果を見ました。
3点差4点差当たり前。なんだこれ。
去年はこんなのばっかで、今年は落ち着いてたと思っていたのですけど、また復活ですか。
これはJリーグが攻撃的なんてかっこいいものではなく、ただただ守備がずぶずぶ、いわゆるザルということを表してると思います。情けなー まあレッズも今年5失点喰らったけどね(笑
スポンサーサイト

浦和3-2FC東京

(;^ω^)なんというかディフェンスがフワフワしてる感じの試合でした。
正直、あんなに仕事してる梶山を見るのは初めて。それだけいつもよりユルかったのかなと思います。

ヒロミが何を思ったのか、FC東京はしょっぱなから激しくかなり高い位置からプレッシャーに来て、レッズは思ったようには行きませんでした。リチェーリが特に鬱陶しかった。それで先制点も喰らってしまうんですけど。

ただそのあとすぐに流れを引き戻し一気に逆転までしたのはすばらしかったです。

後半両チーム1点ずつ加えて終えるのですが、逃げ切った感の強い試合になってしまいました。

平川はかなり調子がいいようですね。2試合連続で2アシスト。相馬の調子が落ちてきたとこで、タイミングよく平川の調子が上がったことは助かりました。
なんか平川は右より左の方が向いてるのじゃないだろうか。それとワシントン不在によるサッカーの変化も関係してるのか。
とにかくオシムに名前を挙げられて気分は悪くないだろうし、調子を維持して欲しい。まあ、マスコミによる平川の取り上げっぷりを見ると、逆に代表には呼ばれない流れのような気がしてならないけど(笑

甲府1-4浦和

( ゚∀゚)<勝利!
って、4点も取って勝ったのだから素直に喜んでろというところなんですが、内容はかなりいまいちなんですよね。得点した時間帯の前後ぐらいしかレッズがよかった時間帯がなかったです。

達也はキレてましたね。すばらしい。
2点目の平川最高! あれだよあれ。俺の大好きなタイプの得点シーン。サイドがエグッて中で合わせる! グラウンダーで折り返しだからなおさら良い! 平川と相馬にはエグリまくってほしい。
それと1年で1回見れるか見れないかの啓太の得点シーンも良かった。

今日の永井はなかなか良かった。ただこれは相手が甲府という特殊なチームだからというのはあると思う。あれだけバックラインを上げるチームはないですからね。永井の問題はスペースがないチームを相手にしたときのオフザボールの動きだから。まだまだがんばってほしい。

甲府は相変わらず尊敬に値するチームだと思いました。オフザボールの動き、かなり高めからの守備、すばらしい連携、あの選手の密集ぷり、背負ってるリスクのでかさ。あまりにも極端にリスクがあるサッカーなので強いチームが採用するようなサッカーではないですが、でもうならせる。そんなチームが相手だからこそ、浦和のチームとしての完成度の低さがいやでも目に付いてしまします。
レッズはミスの多さが目に付きました。特にパスが繋がらない。攻撃の部分がまだまだです。現状はまだまだ達也の調子次第みたいな感じが拭えません。

しかし一番心配なのは長谷部です。A3以降調子が戻ってきたと思っていたら、リーグ再開後の存在感の無さには泣けます。

あとこういう大差のついた試合だからこそ若手を積極的に使うような采配もしてもらいたい

G大阪0-1浦和

( ゚Д゚)<勝ったドーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

完全に去年の良い部分、つまり強い浦和というのが出た試合でした。
かっこ良くも美しくもないけど、今シーズンのリーグを考えればとてつもなくでかい勝利だと思われます。
Jリーグも得失点ではなく直接対決の結果で順位を決めるルールにするべき(笑

勝因は都築と西野の播戸交代家長投入。
都築はとにかくすばらしかった。止めまくり。
ガンバはあの交代でいっきにしょっぱくなったと思いました。遠藤もほとんど消えてたし、入った家長もいるのすら気付かなかったくらい。ああいう走り回る選手がいなくなるのはかなり楽になる。

永井はこの大事な試合で点を取ってくれた。しかもかなりのファインシュート。それ以外ではまったく存在感なかったけどね(;・∀・)

あと小池は最後の決めとくべき。

とにかく勝ててよかった。
当然大事なのは今後ですな。チームの成長を見せてください。攻守共に今は見えないから。

あ、そういえばガンバのホーム無敗記録を止めたんだ。レッズと同じ数字で停止。なんか新記録Tシャツ作ってたらしい。レアTシャツだな。

浦和1-1柏

あれだけ柏が前半から激しい運動量でプレッシャーをかけてきてるんだから、後半は逆に相手を圧倒するぐらいじゃなきゃいけないのに、実際はそうでもなかった。

6月の試合を観て、レッズが変わってきてるんじゃないかと思ったけど、実際はそうでもなかった。
前節もそうだったけど、あの時の良さはかなり消え気味。あれはただの確変だったのだろうか・・・
とにかくチームに閉塞感。←近年のレッズの場合ほとんどの試合でそうだけど。

ワシントンは極端に言えば点取らなくても、フィールドにいるだけでいいぐらいの存在で、不在はそうとう厳しいと思っていたけど、そのとおりだった。
ただ、いないものはしょうがないわけですが、レッズはワシントンと達也に掛かる比重が重すぎる。個人に依存。そして代わりがいない。この二人のセット以外選択肢が無い。即効性のある補強もしない。

ここ1,2年で、点の取れないチームと化してる。今シーズンは理想が高いサッカーをしようとしてるわけではないし、すごく強いサッカーをしてるわけでもない、すごく中途半端なチームになってる。
この程度の試合しかできないようなら、次の相手には結果が目に見えてしまうよ。状況的には勝ちしか許されんのに。(´・ω・`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。