スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーグも半分終了

もうリーグ半分終了か。早すぎるな。
結果も内容もなく、なにがやりたいのかよくわからない時期があったから、これからどうなるんだと思っていましたけど、勝ち点的には去年と同じようなペースなんですね。
6月に入って、A3はグダグダだったけど、達也復帰でだいぶまともなサッカーができるようになってきました。正直に言うとオジェックに対する、期待とか信頼みたいな気持ちが切れる寸前でしたよ。

まだまだ完成度を上げていかなくてはいけないし、最近は細貝が違和感なく入ってきてますが、まだまだ若手の底上げも重要だと思います。
レッズは年齢バランスがあまりよろしくないですからね。Jチームでも珍しくアテネ世代大好きチームだから、現在のスタメンの半分がアテネ世代(長谷部もね) その下がぱっと見、細貝ぐらしかいない。まずは若い選手がもっとベンチに食い込んでもらいたい。

磐田0-2浦和

なんと東海全勝とは!

で、試合。終始余裕のある試合でしたが、後半は数的優位をほとんど感じさせず、かなりいまいちでした。
とにかく達也のバックアッパーが早急に必要でしょう。その辺は若手FW陣に期待するしかないです。いろんな人が感じてることだろうけど、永井は中央より横で使ったほうが、みんなが幸せな気がする。本人は中で勝負したいだろうけどね。途中でオジェックが岡野をサイドにそのまま入れないで永井と場所を変えたのは何を意味するか。

前半は磐田を完全に圧倒してました。小野の才能溢れる2得点。あと選手同士の距離間もかなりよかったです。ただ達也が外れたあとの失速ぷりと、3点目が遠すぎる(TдT)
ワシントンは動きは悪くないんですけど、早く点を取ってもらわないことには、後半の途中からのように唯我独尊モードはいられるとチームが機能しなくなる。

フォルクアーツ主審は噂どおり、いい審判でした。唯一つ、田中マコが退場したのが謎。お気に入りのガンプラでも壊されてブチ切れたのだろうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。