スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和1-1G大阪

客観的に見れば凡戦だったと思う。
サッカーの質は圧倒的にあちらに軍配。ただガンバが最近勝てていないのも納得。

逆にレッズは、あれでよく負けないよなと思う。あいかわらず得点の匂いはしないし、守備もずぶずぶだったのに。現状で負けないのだから選手個人個人としてはよくやっているほうなのかなと。

俺は柏戦などで見えたサッカーがオジェックの目指すサッカーだと思っていた。4バックにしてサイドの守備を安定させて、フォアチェックで高い位置からプレスをかけ、中盤の小野やポンテ、長谷部を自由に動かさせて速くパスを繋げて攻める。なんとなくだけど、そんなサッカーを目指しているのだと勝手に思ってた。今はほとんど見えません。4バックで固定して完成度上げていくのかと初めは思っていたけど、今じゃあ3バックに戻ってるし。最近やっているのは去年のサッカーだし。まあサイドもバックラインも高めにして去年のような超守備的ではなくなってはいるが。ポゼッションサッカーを目指しているのだろうけど、疲労を考慮しても、運動の質、選手同士の距離間などそのレベルにまったくなっていない。結局個人能力サッカーでなんとか食いつないでる状態にしか見えない。

今節は相馬でなんか新鮮な風がふいた感じ。最近のレッズにはああいうスタイルがなかったし、阿部がSBじゃなくなったり小野が外れたりで左が完全に死んでたから。ただかなり攻撃が左偏重になってしまったけど。あと守備が・・・。結局ウィングタイプなんだろうな。Cロナを目指してるみたいだし。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。